English | Japanese

九州北部の豪雨により、被災されました皆様にお見舞い申し上げますとともに、厳しい暑さが続く中、皆様方のご健康の回復を心よりお祈り致しております。 本学会は、今後とも被災された子どもたちと保護者の方々への遊戯療法等による支援を行って参りたいと願っております。

「平成28年熊本地震」によってお亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を表します。また、被災されたすべての方に心よりお見舞いを申し上げるとともに、一刻もはやく安全な生活に戻られるようお祈り申し上げます。

東北地方太平洋沖地震により、被災された方々、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復帰を心よりお祈りいたしております。

メール相談のご案内

日本遊戯療法学会では、熊本地震に伴う子どもたちの心のケアについて、少しでもお役に立てることを願って、 以下のメール相談を開設いたしました。お受けできる相談内容は以下のとおりです。

  • お子様のご家族や関係者の方(支援者・親戚・友人)からのご相談
  • 震災によって生じたさまざまな心理的問題へのケアについて

詳細はメール相談に関するPDFファイル をご覧ください。

事務局移転のお知らせ

2015年2月1日より、学会事務局が移転しました。詳しくは*重要* 事務局移転のお知らせをご覧ください。

新着情報

以前の新着情報は新着情報一覧のページをご覧下さい。

第15回研修会のご案内

2017-12-12

第15回研修会のご案内を掲載いたしました。今回は2018年3月25日(日)、神戸学院大学ポートアイランドキャンパスでの開催になります。詳細は上記ページをご覧ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

当会の一般社団法人化について(2): 任意団体と一般社団法人の違い

2017-12-12

任意団体と一般社団法人の違いについて簡単にご説明いたします。会員の皆様から当会の 一般社団法人化に関するご意見をいただければと考えておりますので、どうぞよろしくお 願いいたします。

任意団体:法律で定められた組織ではなく任意の組織であるため、基本的にその団体が定 める会則等のルールに従って運営されます。任意団体である当会も、総会、委員会、理事 会の運営、予算や決算の承認等を、会則に従っておこなっています。その団体に即した柔 軟な対応ができる反面、法律に基づく権利能力を持たない団体であり、契約を結ぶことや 財産を持つことの権利義務関係が曖昧という面があります。銀行口座の開設なども、代表 者個人名義で行われています。

一般社団法人:「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づき、人の集まりに 法人格が与えられた営利を目的としない団体です。法律に則った定款に基づいて運営され ます。当会でも法人化する際には、現行の会則をもとに定款を作成し、公証人の承認を得 て、法務局に設立の登記申請をおこなうことになります。学会名での公的な契約が可能と なり、権利義務関係が明確化し、社会的な信用が高まるとともに、公益的事業、有益的事 業、受託事業等をおこなうことができます。

当会の一般社団法人化については、下記のページもご覧ください。

熊本地震による年会費免除について

2017-10-30

熊本県・大分県にお住まいかご通勤の会員の2017・2018年度年会費が免除となりました。 年会費免除は申請制となっております。ご希望の会員は、学会事務局までご連絡ください。

東日本大震災震災支援基金ご寄付のお願い

2017-10-30

当会は2011年から東日本大震災被災地支援を実施して参りました。活動の一部を、 『遊戯療法学研究第12巻(2013)』にご報告いたしました。現在も、現地で支援を 続ける会員をサポートするために、支援基金へのご寄付をお願いいたします。 なお、基金の会計報告は毎年総会で報告、承認を受け、次年度の学会誌に掲載しております。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

振込先 郵便為替口座 00180-2-750224
加入者 日本遊戯療法学会

※ご注意

  • お振り込みは年会費と別にお願いいたします。ご寄付につきましては、振り込み用紙通信欄に「東日本大震災支援基金寄付」とお書き添えください。
  • 領収証が必要な場合は、学会事務局にメールでご連絡ください。

当会の一般社団法人化について

2017-10-30

当会は2001年に研究会から学会に改組いたしました。現在、さらなる安定的 組織運営と社会的活動(社会貢献)をめざし、任意団体から一般社団法人に組織 変更することを検討しております。第23回大会総会において、その方向性をお示 ししましたが、ホームページを通じても、会員の皆様から当会の一般社団法人化 に関するご意見をいただければと考えます。今後、定期的にこの議論に関する内 容を掲載して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第23回大会、第14回研修会終了のお知らせ

2017-10-30

第23回大会、第14回研修会は終了しました。ご参加いただいたみなさまに感謝いたします。