第20回大会

日時: 2014年7月19日(土)・20日(日)

場所: 星陵会館 (東京都千代田区)・都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1)

メインテーマ: 遊戯療法を奏でる~精神と身体・リズム・メロディー~

大会ホームページ: http://konohana.jp/japt20th/

大会準備委員長より

日本遊戯療法学会第20回大会を、「遊戯療法を奏でる~精神と身体・リズム・メロディー~」をメインテーマに7月19日、20日の2日間に亘って開催いたします。本大会は日本遊戯療法研究会第1回大会から数えて第20回目を迎えることになります。日本遊戯療法研究会が第7回大会において改組され、日本遊戯療法学会として回を重ねてきたことによりますが、この記念すべき大会の準備を進めさせていただき、ようやく皆様をお迎えする大会の内容ができあがりました。ここにご案内申し上げます。

基調講演にはフルーティストの宮本明恭先生(NHK交響楽団々友、国立音楽大学名誉教授)をお招きいたしました。フルートをお持ちくださるそうで「フルートとともに」をご講演テーマにお話しいただきます。子どもたちが自分を発揮してゆくとき必ずといってよいほど、精神と身体の両側面が活躍します。今大会では遊戯療法において論じておきたい精神と身体の構造論的議論も音楽を通してできるかもしれないと思い立ちました。それは、宮本先生のフルートのレッスンにアナリーゼを聞くのが楽しみで自分の時間よりずっと前にお邪魔しては他の方のレッスンを聞いていたかつての私の体験とつながるのかもしれません。瞬間の連続ともなる遊戯療法の精神と身体を語ろうとした時、五線譜上に並ぶ音符のリズムやメロディーがイメージされたのです。

2日目には「遊戯療法家を育てるために」をテーマに顧問の東山紘久先生と村瀬嘉代子先生の対談が企画されています。司会は山中康裕会長にお願いすることができました。

今大会のもうひとつのシンポジウム「子ども達は今、3.11から3年が過ぎて」が計画されています。今泉岳雄先生、田村良江先生、宮前理先生、に話題提供いただき、阪神淡路大震災の際に支援に行かれた宇田川一夫先生、阪神淡路の際に被災された馬殿禮子先生に指定討論いただき、現況から今後に向けて支援の方向性を探ることも討論の中でできればと思います。フロアーからも活発なご議論を期待いたします。

研究発表につきましては発表数が多くとも十分お受けできるように部屋を確保いたしました。2日目の最後の発表時間が少し遅くなりますが、なにとぞご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

ワークショップはご案内のように12のコースです。どのコースも魅力的で迷われるかもしれませんが、ご希望に沿うようにご希望順位をつけてお申込みくださいませ。

準備委員長の個人的な体験の連想を大会のメインテーマにさせていだきましたが、河合隼雄先生もフルートと共におられました。「はー、はー」と笑っておられるかもしれません。

夏のまっさかりの東京のど真ん中、アスファルトも溶けるような熱気ある大会となりますように準備委員一同皆様をお待ち申し上げます。

日本遊戯療法学会第20回大会準備委員長 安島智子

プログラム

第1日目 (2014年7月19日(土))

ワークショップ

A 遊戯療法における「言葉、イメージ、物語」 安島 智子(このはな児童学研究所)

B 体験から学ぶ遊戯療法の基礎と本質 伊藤 良子(学習院大学大学院臨床心理学専攻)

C 初めてでもできるセラピスト・フォーカシング 伊藤 研一(学習院大学)

D がん患者の子どもへのサポート 小林 真理子(放送大学大学院臨床心理プログラム)

E 紙粘土セラピー 倉光 修(東京大学学生相談所)

F 保育カウンセリングと遊戯療法 滝口 俊子(放送大学名誉教授)

G 遊戯療法を支える親面接  田畑 洋子(人間環境大学)

H スクールカウンセリングと遊戯療法 難波 愛(神戸学院大学)

I 養護施設での遊戯療法の実践~コラージュ,粘土表現を用いて~ 西村 喜文(西九州大学)

J 遊戯療法と箱庭療法 平松 清志(ノートルダム清心女子大学)

K 遊戯療法へのコラージュの適用 森谷 寛之(京都文教大学)

L 遊戯療法とアート~少年期から老年期まで~ 山中 康裕(京都ヘルメス研究所・京都大学名誉教授)

公開基調講演

フルートとともに

講師
宮本 明恭(NHK交響楽団々友・国立音楽大学名誉教授)
公開シンポジウム1

遊戯療法を奏でる~精神と身体・リズム・メロディー~

シンポジスト
安島 智子(このはな児童学研究所)
妙木 浩之(東京国際大学)
森岡 正芳(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科)
指定討論
滝口 俊子(放送大学名誉教授)
横山 知行(新潟大学 人文社会・教育科学系)
司会
岡  昌之(首都大学東京)

交流の広場(懇親会)

第2日目 (2014年7月20日(日))

研究発表

対談

遊戯療法家を育てるために

対談者
東山 絋久(帝塚山学院大学専門職大学院)
村瀬 嘉代子(北翔大学大学院)
司会
山中 康裕(京都ヘルメス研究所・京都大学名誉教授)
公開シンポジウム2

子ども達は今、3.11から3年が過ぎて

シンポジスト
今泉 岳雄(東北文教大学)
田村 良江(福島市立瀬上小学校)
宮前 理(宮城教育大学)
指定討論
宇田川 一夫(東北福祉大学)
馬殿 禮子(関西国際大学名誉教授)
司会
安島 智子(このはな児童学研究所)

参加について

予約参加費

大会の全日程参加は会員のみです。ワークショップ、公開講演・シンポジウムは非会員の方も参加いただけます。

  • 大会参加: 7,000円
  • ワークショップ: 会員3,000円、非会員4,000円
  • 公開講演・シンポジウム: 1日目3,000円、2日目1,000円
  • 交流の広場(懇親会): 会員・非会員6,000円、学生・院生4,000円

参加方法

参加希望の方は、はがきかFAX、またはE-mailでご連絡ください。詳しい大会案内をお送りします。

日本遊戯療法学会第20回大会問合せ・連絡先

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-26-2-403
このはな児童学研究所内 日本遊戯療法学会第20回大会準備委員会事務局
FAX:03-3639-2968 
E-mail:japt20th [at] gmail.com ([at] を @ に変えてください)