震災支援委員会の発足について

2011-06-17

先のニュースレターで当学会の震災に対する支援活動計画についてお知らせしましたが、6月17日の常任理事会で、「震災支援委員会」を発足させることが承認されましたので報告いたします。(委員長:今泉岳雄常任理事、副委員長:安島智子理事長、伊藤良子常任理事、事務局長:村松健司常任理事)。

最初は、下記の2つの活動から進めていきたいと考えます。

  1. メール相談

    震災に関連して、子どもたちの支援を行っている方たちを対象に、気になる子への関わり方の助言やご自身のメンタルケアについての御相談を支援室専用メールアドレスにて受け付けます。会員の方以外でもご相談をお受けいたしますので、会員の皆様から外部の方へのご紹介をよろしくお願いいたします。また、メンタルケアに関する講師派遣や現地を訪れての直接的なご相談についても、ご要望がある場合には検討させていただきます。

  2. 宮城県の児童館所属のスタッフ、保護者、子どもたちへの継続的支援

    NPO法人により運営されている児童館から子どもたちへの遊戯療法と保護者に対する継続的な支援の依頼が来ております。この児童館では、6月18日に伊藤良子常任理事を窓口とした「学会有志」による支援活動が行われました。今後、本学会「震災支援委員会」において、支援継続のあり方や、被災地の児童館職員の研修等についても検討していきたいと考えます。